回帰トレンドの見極めが必要!!

前回(2月19日)に掲載した5銘柄、その後の動向を掲載いたします。注目していただきたいのは、やはり回帰トレンド分析の方向です。上向きを維持しているのか、それとも下向きとなっているのかを確認していただきたく思います。この回帰トレンド分析につきましては、勉強会も開催しております。そちらの方もご覧ください。

<3186 ネクステージ> 東証一部(小売業)

中古車販売大手。東海から全国展開。車種別専門店や新車販売店も。

<3682 エンカレッジ・テクノロジ> 東証一部(情報・通信業)

情報管理者向けセキュリティソフトの開発、販売と保守サービス。顧客に金融大手多数。

<4064 日本カーバイド工業> 東証一部(化学)

化学中堅。化成品、機能樹脂や電子・光学製品、ファインケミカルなど展開。

<7520 エコス> 東証一部(小売業)

食品スーパー中堅。東京・北関東が地盤。M&Aで規模拡大。傘下に同業社多数。

<8715 アニコム ホールディングス> 東証一部(保険業)

ペット保険最大手。アニコム損保が中核。全国の動物病院と提携、ネットワーク構築。

 

※回帰トレンド分析の定義については2018年10月29日のブログを参照してください。

4月9日18時から[イチから学べる勉強会] テクニカルから見る個別株の選び方について、勉強会を開催する予定となっております。少人数制になりますので、お気軽にお早めにお申し込みください。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



コンシェルジュ
高橋英希

誕生日:1972年11月17日
岩手県出身・相場歴25年


私は、金融業界で20年以上経験があり、プレミア証券に入社後は、株式や商品先物など、お客様へ幅広い提案をしております。ファンドの動向や時代の流れを読みながら、事実を背景に、相場のポイントをお伝えするようにしています。
買いチャンスであっても、余裕を持って取り組むことをおすすめしています。急に相場が反対に動いた時でも、対応がしやすいように考えていきたいですね。この姿勢は少し慎重かもしれませんが、まずはお客様の安心があってこそ、良い取引ができると信じています。