沢登大好き証券マンのレポート

■冬向きの沢

1月20日の葛葉川の遡行で右ひざを痛めてしまいました。幸い26、27日は関東甲信でも降雪予想が出ていますのでゆっくり休養し、痛みが引きましたら丹沢の大山川右俣やモミソ沢などほとんど水のない沢を遡行しようと考えています。また冬季には必ず行っている福島県営くろがね小屋泊りの安達太良山にも行きたいのですが、人気のある山小屋(山小屋にしては珍しく源泉かけ流しの温泉があります)で、なかなか予約が取れません。行けましたらご報告いたします。

■様子見の1週間でした

今週(21∼25日)は5営業日中4営業日で東証一部の売買代金が2兆円を割るなど、薄商いの1週間となりました。国内ではこれから本格化する3Qの決算発表、海外では2月末に期限を迎える米中貿易協議の行方、英国のEU離脱問題、日米の物品貿易協定の行方など不確定な要素が多く、様子見を決め込む投資家が多いのではないでしょうか。

世界の政治・経済に大きな影響を与えるトランプ大統領の判断基準は、大統領再選にあると自分は考えています。もしそうだとすると景気減速や株価下落につながる政策は取らないのではないでしょうか。

■2・3月の勉強会の日程が決まりました

自分の勉強会は『イチから学べる勉強会』と題し、信用取引の仕組みや注目銘柄をお話しいたします。

日時は2月6日18時~19時と3月6日18時~19時の2回を予定しています。ご来場お待ちしています。

詳細は近日中に当社HPにて公開予定です。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



コンシェルジュ
榊原潔

学生時代に獅子文六著の、田舎青年が東京の株式仲買店に就職し紆余曲折を経て大相場師になる痛快小説『大番』を読み、その主人公にあこがれて商品先物や証券など投資・投機の世界に飛び込み43年が経過しました。
自分の投資スタンスは短期投資です。先の読みにくい時代だからこそ短期で結論を出したほうがいいと考えています。買った株が思惑通り株価が上がれば利食えばいいのですが、逆に動いた場合、見切りができないことが多いと思います。その時にどのようなアドバイスをするかで担当営業マンの真価が問われると考えています。
お客様のご要望は多種多様です。短期投資のみならず様々な観点から最善のアドバイスができるよう、日々研鑽しています。
今後ともよろしくお願いいたします。