「フラッシュ・クラッシュ!」

昨年12月25日の前回レポートで「新興国通貨の年末年始の安値に関しては、来年以降の中長期な視点で買いポジションを保有してみてはいかがでしょうか?」と申し上げましたが、1月3日早朝にお正月気分を吹き飛ばすような激震が起こりました。

東京市場が休日だったこの日の午前7時35分。1ドル=108円台前半の円相場が、わずか1分間で104円10銭まで急騰し、その後1時間もしないうちに、107円90銭に戻しました。

昨年1年間のドル円の変動幅は8%程度ですので、年間の値幅の約半分(およそ4円)が1分で動いたことになります。

きっかけは商いが薄い中でのまとまった円買いオーダーで、年初は日本の企業や金融機関のトレーダーが休み、円の取引が極端に減るタイミングで海外のヘッジファンドらが動いたと推測されています。「CTAのアルゴリズム取引が狙い撃ちにされた」との憶測もあります。

米ドル/円値動きと取組推移(2018.8.1~2019.1.21)

 

「フラッシュ・クラッシュ」(瞬時の急落)と呼ばれる現象が最近増えています。

2016年6月23日にはポンドが数十秒で9%近く下がり、2018年8月10日にはトルコリラが急落しました。

いずれも流動性の低いアジア時間帯で早朝に起こり、日本のFX投資家が巻き込まれています。

 

2016年6月23日「ポンドショック」

 

2018年8月10日「トルコショック」

上記チャート図 : くりっく365「ヒストリカルデータ」より筆者が独自作成

 

ヘッジファンドは株やFXなどの商品のどこかで儲ければいいと考えており、その「どこか」が「フラッシュ・クラッシュ」の重要なテーマになると思われます。2月末が期限とされる米中貿易協議、次に英国のEU離脱やイタリアの財政問題などがあり、3月にはトルコの統一地方選挙があります。

 

では次はいつ来るのか?

市場関係者が身構えるのは、改元に伴う4月下旬から5月上旬にかけての10連休!?

FX市場では10連休中、土日以外の祝日にあたる4月29日、30日、5月1日、2日、3日、6日の計6日間も取引日があります。

連休前にはポジションを縮小して、連休中もしくは連休明けの安値を狙ってみてはいかがでしょうか?

 

【FXセミナー】を開催いたします‼

[すぐに役立つ勉強会] FX(外国為替証拠金)取引(実践トレード篇)

2019年01月30日(水) 時間 18:00-19:00 (受付開始 17:30)

より具体的な詳しい情報を提供させていただきますので、奮ってご参加いただければ幸いです。

セミナーの詳細につきましては下記URLをご参照ください。

http://seminar.premiere-sec.co.jp/event/tokyo_20190130/

上記のFXセミナーにご参加された方には特典として、平成30年7月2日、弊社の親会社となりました株式会社オウケイウェイヴのご紹介も兼ねて、同社役員の著書である下記いずれか1冊を無料で進呈させていただきます。

「( いい人がお金に困らない ) 仮想通貨 - 新時代のルール - 」 KKロングセラーズ  松田元 著

「世界は逆転する!」 創藝社  ロジャー・バー/兼元謙任/松田元 著

 

 


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



コンシェルジュ
森村等

昭和54年大学卒業後に大手商品先物会社に入社し、営業一筋に40年経験を積んできました。20歳代後半から商品先物取引のディーリングを始め、テクニカル分析などのノウハウを構築し、商品アナリストとして貴金属、農産物、オプション取引に精通しています。40年勤めた先物会社を定年退職した後、これまでの経験と人脈を活かし、現在、プレミア証券にて外務員活動をしています。最近は商品先物で培ったデリバティブ理論を活用して、フィールドをFX取引にも拡大し、お客様のニーズに応じて、短期、中期、長期いずれの投資スタンスにも対応できる自信があります。お客様から信頼され、末永くお取引いただけますよう、誠心誠意お付き合いさせていただきますので、何卒宜しくお願い致します。