トルコ 明日、政策金利発表

明日(16日)20時、トルコ中央銀行による政策金利の発表があります。

あくまでも、私の個人的な見解ですが、昨年の10月よりインフレ率が低下の傾向にあることから、今回は据え置きではないかと考えております。そのため、発表時の値の振れ幅も落ち着いた動きになると思われます。

但し、明日は、政策金利発表以上に気を付けなければならないイベントがあります。

日本時間早朝より行われる、英国の欧州連合脱退についての議会採決です。

どのような結果になろうとも、英ポンドを中心に大きく値が振れるのではないかと予想しております。

2016年6月24日 英国国民投票時、トルコリラ/円の値動きは、

始値 37.53円  高値 37.57円  安値 32.69円  終値 35.00円

と大きく動きました(東京金融取引所くりっく365FXにて)。

マーケットが当時と同じ動きになるとは限りませんが、少なくともエントリーは明日の早朝からの値動きを見てからの方が・・・、と考えております。


日本ブログ村に参加しています。
バナーをクリックし応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



コンシェルジュ
櫻井千明

誕生日:1973年9月23日
東京都出身・相場歴:16年


お客様とは何でもお話ができるフレンドリーな関係づくりを心がけています。たとえ取引がなくとも、長くお付き合いが続くこともあり、私がこの世界に入ってすぐ出会ったお客様で、その後約10年かけて契約をいただいた方もいるほどです。
そこで学んだことは“自然体”であることです。若い頃は、お客様とお会いする前に商談の内容を細かく計算していました。しかし、あまり先入観を持たずに、自然体で応対させていただくほうが、良い関係が築けると感じています。